前へ
次へ

ペット葬を行う際の注意、確認が大切

過去のペット葬に関わる話の中に、埼玉県において、悪質な業者が100匹あまりの犬の遺体を不法投棄していた事件がありました。ある業者の中には、ペットの遺体を焼却した後に、遺骨を遺族が引き取る際、話にはない数十万円の高額な料金を請求する話もあったのです。被害に遭わないためにも、ペット葬を行う場合は良心的な業者を探さなければなりません。悲しみの中にいる中では、心の支えを求めて業者に全て任せる気持ちも高まりやすくなるでしょう。ペット葬を行う場合は、と業者に対して、様々な質問し確認する心持ちを持つのも大切です。例えば、どこで火葬し、その後、どの様な所で、埋葬するかなどの確認が挙げられます。ペット葬を行ってくれる業者の中には、他の飼い主のペットと合同火葬によって、遺体を火葬する場合もあります。この場合においては、納骨を引き取るのが難しい場合もあり、予め確認しておくのも大切でしょう。亡くなったペットは、業者に引き取ってもらい、すべて任せるより、火葬や埋葬が確認できる業者選びも大切です。

Page Top